BLOG

黒染め

 

「黒染め」という言葉に馴染みのない方は多いと思います。

塗装は上塗りですが、黒染めは字のごとく、金属を染めています。

膜厚は浸透部も含めて1μ。1/1000mmです。

金属を染めるってどうやって?と思われると思いますが、

人体に無害な薬液を加熱し化学反応を起こして黒く染めています。

よく、黒くするのに処理液は黒色じゃないと驚かれますが、化学反応で黒くしているので処理液は黒色じゃありません。

イメージで言うと、塗装=お化粧 黒染め=日焼け です。

 

化学反応なので、均一には染まらず、色ムラが出ます。

私たちはそれを黒染めの味だと思っています。

 

 

 

 

 

こうして銀色のステンレスが黒い色になり、お料理が映える黒くて割れないステンレスの器ができていきます。

 

これからも現場や制作についての記事も書いていきますので、もし良かったら読んでみて下さいね。

 

roco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.12.18