BLOG

やっと

新潟にも冬がきました。

 

 

 

朝、薄っすらとではありますが、積もっている雪を見て「ホッと」しました。

いつもならこの時期は毎日のように雪が降り、降ってはやむ事を祈り、「また雪か~」なんて会話をしていました。

ところが今年は皆さんご存じの通り、全く雪がない冬でした。

気温が高いので、降っても雨。

冬、どこ行ったのかな?と思う程、お日様も毎日のように顔を出してくれていました。

節分が終わって、今日2月4日は立春。

今日から暦では春だったのに、そんな日に真冬が帰ってきました。

なんだか冬の意地を感じます。まだ私たちの出番は終わってないわよ。的な。

 

 

雪が降れば大変になると言い、降らないと心配になり、人間って勝手ですね。

春は春を感じ、夏は夏を楽しみ、秋は秋の音を聞き、冬は冬の色を見る。

日本人として生まれ、生きていく中で、これがまず地に足をつける事の基本な気もします。

 

季節の話を子供とすると、ママはどれがすき?と聞かれます。

私は全部好きと答えます。

「幸せ」と「好き」は多い方がいい。

自然の中で、どの季節でも、些細な楽しみや喜びを発見できる子になって欲しい。

雪遊びができるまで積もって欲しいなぁ。

 

roco

2020.02.04